ひとよ (2019)

桑原裕子が作・演出を手がけた劇団KAKUTAの2011年初演の同名舞台を白石和彌監督が映画化。こはるは三兄妹の子どもたちの幸せを守るために愛する夫を殺害。それから15年後、あの日以来時間が止まってしまった一家の元にこはるが帰ってくるが……。東京でフリーライターとして働く次男・雄二を佐藤健が、夫婦関係に思い悩む長男・大樹を鈴木亮平が、事件によって美容師になる夢を諦めた妹・園子を松岡茉優が、母親・こはるを田中裕子が演じる。監督:白石和彌、キャスト:田中裕子、鈴木亮平、佐藤健、松岡茉優

ひとよ (2019)のあらすじ

土砂降りの雨が降る夜、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は最愛の子どもたち三兄妹の幸せのため、愛した夫を手にかけた。そして子どもたちに15年後の再会を誓い、姿を消した。その日から家族の運命は一変し、長男・大樹(鈴木亮平)、次男・雄二(佐藤健)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は心の傷を隠し持ったまま大人になった。事件の夜にそれぞれが想い願った未来とは違う人生を歩む三兄妹。そんな時間が止まってしまった一家のもとに、こはるが帰ってくる。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。